借金返済は一人で抱えているのが一番の問題です!

借金返済は借金相談が大事

借金を抱えて何年も経っているのに借りては返しを繰り返し、終わらない借金生活・・・。

 

なかなか減らない借金を抱えている多くの方が、実は自分ひとりで借金問題を抱えていることに問題があります。

 

借金というのは日本人にとって恥ずかしいことなので、親しい友人や家族にも秘密にしている事がほとんどです。

 

そのため借金問題は法律家(債務整理に強い弁護士や司法書士)に依頼することで、簡単に解決できるのに自分一人で解決しようとして借金がなかなか終わらないのです。

 

多重債務のために毎月のように給料日にため息をつき、いつ終わるのだろうと悩む生活から、きちんと法律家に債務整理を依頼して完済を目指しましょう。

 

債務整理という方法を使えば多重債務で苦しんでいる生活から脱出できます。

 

弁護士、司法書士に借金問題を相談し、法律を味方につけて、つらい借金生活から脱出しましょう!

 

弁護士法人サルート法律事務所は24時間、365日債務整理の相談に乗っている弁護士事務所。

 

借金中心の生活を送ってる多くの多重債務者を救ってきた弁護士さんで、債務整理の経験も豊富です。

 

もう借りられない、審査も通らない、来月の借金返済をどうすれば良いかわからないなど、債務の悩みがあるなら弁護士法人サルートに相談しましょう。

 

豊富な経験と知識で債務整理をきっちり行ってくれます。

弁護士法人サルート法律事務所

はたの法律事務所は35年のキャリアと10万件の相談実績がある、借金問題の専門家です。

 

常に借金問題に悩む債務者のためにと、全国対応でありながら出張対応も無料で、当然相談も無料。

 

任意整理も1件から対応しており、過払い金請求の過払い報酬12.8%という費用も業界最安値レベルで対応してくれています。

 

また、女性専用電話窓口も設けており、女性でも安心して借金問題を相談できる法律事務所です。

 

電話の受付時間は年中無休で朝7時から夜24時までなので、仕事でなかなか相談する暇がない方でも安心して相談できる法律事務所です。

はたの法務事務所

CMなどでも同じみのアヴァンス法務事務所。

 

銀行や信金などのカードで借りている方、18%以下のグレーゾーン金利で無い金利で借りている方の債務整理も行ってくれます。

 

アヴァンス法務事務所は債務の減額報酬は0円でもちろん初期費用もかかりません。

 

相談無料で全国対応、年中無休で借金問題の相談に乗ってくれる法律事務所です。

 

借金問題を終わらせたいならアヴァンス法務事務所へ連絡するのが解決の早道です。

アヴァンス法律事務所

リヴラ総合法律事務所が運営する債務整理の相談サイト。

 

2社以上の金融会社から借入をしている方専門の債務整理相談窓口です。

 

電話、メールを通じて簡単に借金問題を相談できます。

 

初期費用が0円で、債務整理に関する支払いも後払いが出来るので、借金でお金が無い!という人も費用がかからずに債務整理することができます。

 

また、キツイ取立てにあっている方の場合、最短即日で金融会社からの取立てをストップさせることも出来る、力のある法律事務所が運営しています。

 

24時間365日専門相談員が常駐しているので、仕事で忙しい方も電話、メールで相談ができます。

 

あなたの借入先ときっちり交渉し、債務整理で債務を減らしてくれるので、毎月の返済も少なくなり、借金返済の終わりが見えます。

リヴラ総合法律事務所

ジャパンネット法務事務所のウリは何と言っても債権会社との交渉力。

 

債権会社とはあなたが借りているクレジットカード会社やキャッシング会社ですが、任意整理を行う場合、これらの債権会社と交渉を行う必要があります。

 

この交渉によって債務が減額されるのですが、この交渉に強い事務所がジャパンネット法務事務所です。

 

またスタッフに債務整理を経験した方もいるので、借金に悩む人の心もわかってくれます。

 

借金問題に強いジャパンネット法務事務所も大変、おすすめです。

ジャパンネット法務事務所

弁護士、司法書士にいきなり相談するのはちょっとという方には街角法律相談所

街角法律相談所

借金が返せなくて悩んでいるけど、弁護士、司法書士の先生にいきなり相談するのは・・・という方におすすめなのが街角法律相談所です。

 

こちらのサイトは匿名、住所不要で5つの質問に答えるだけで、あなたの借金問題の適切な解決方法などを提示してくれます。

 

やっぱり法律家にいきなり相談する事に抵抗がある人も多いので、こちらのサイトをまず利用する方は大変多いです。

 

借金の額や毎月の返済額などを入力する事で、弁護士や司法書士が解決案を提示してくれるので、電話や対面する前にという方はおすすめです。

 

必要なのはメアドと電話番号のみなので、気軽に利用されると良いと思います。

街角法律相談所

元金が減らない!ずっと返済するのに疲れたなら無料の借金相談を利用して完済しましょう。

最初は2〜3万円の借金だったのに、気づけば100万円を超えて毎月返済しても元金が減らない。ちょっと減ったと思ったら、思わぬ出費でまたキャッシングしてしまって・・・などのように借金を返せないまま、何年も利息分だけを返済している方、減ったり増えたりを繰り返している方などたくさんいます。

 

しかし、借金は法律家に相談することで、借金の減額、利息の停止など様々な解決方法があります。

 

そもそも借金問題を抱えている方は、誰にも言えない、ばれたくないと誰しも思うので、一人で抱えている方がほとんどです。

 

また法律というのは一般の人にはわかりにくいものなので、借金を抱えている人、多重債務で返済するのも苦しい人に助けてくれる方法があることなどなかなかわかりません。

 

実は借金は法律家に相談することで様々な返済方法があるのです。個人の借金を解決する方法と言うと、すぐに自己破産をイメージされると思いますが、自己破産だけではありません。

 

自己破産イコール破滅みたいなイメージなので、とりあえず自己破産はしたくないから返済し続ける方が多いのですが、法律家に相談してみると実は様々な解決方法があるのがわかります。

 

まずは、あなたの借金の悩みを法律家に相談して、解決してみませんか?

 

 

借金が返せないなら迷わず無料の借金相談をしましょう

 

借金が返せず、毎月給料日に消費者金融のATMで返済しているものの、次の給料日にはまたキャッシングで借金が減らない。何年も利息だけ返している状態・・・こういうように借金が返せない状態で何年も経過している人、派遣や契約社員など職が非正規であるため給料が少ない、または不安定でなかなか完済できない方など状況は様々ですが、そういう方はぜひ法律家に相談してみるべきです。

 

借金問題は弁護士や司法書士に相談する時は、自己破産するときだけとお考えの方も多いのですが、債務整理には色々な方法があり、自己破産はその一つに過ぎません。債務整理は大きく分けて、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあります。

 

この中で自己破産になるケースの方は少なく、大抵の方は任意整理や個人再生で借金完済へとなります。

 

借金を自分ひとりで抱えていることが多重債務になる大きな原因なのですが、誰にも相談できない借金問題だからこそ、東京の法律のプロに相談すべきでしょう。

 

債務整理をするべきタイミングとは

複数の金融機関や消費者金融からの借入金が多数あり、返しても返してもなかなか元金が減らない人が多いと思います。
現在、こんな状況であるならば債務整理のタイミングは今だという状況を紹介していきます。

 

1 自転車操業状態になっている

 

借入金は月々に返済しなければならない一定の返済金があります。
たとえば1ヶ月にA社へ2万円返済し終えた後、再びA社から2万円を借り、それをB社に返済し、再度B社から2万円を借り、C社に返済といったように自転車操業状態になっている場合、いつまでたっても借入金が減少していくことは難しい状態です。

 

このような状態の場合は、すぐにでも専門家へ債務整理の相談をするべきでしょう。

 

2 手取金額の30%以上が返済金になっている

 

人それぞれお金の支出状況は異なる部分がありますので、こちらについてはあくまでも目安として考えてください。
一般論として返済金額が30%を超えると、経済的にかなり厳しい状況に陥ります。また、フリーローンなどの借入金が多い人は比較的収入が少ない傾向にあります。

 

これらを踏まえ、実際に借り入れをしている人の感覚になる部分も発生しますが、万が一の支出に余裕金がなく借入を行わなければならない状態になっている人は債務整理の相談をしてみるべきでしょう。こつこつ返したお金も再度融資を受ける事で振出に戻り、この状況についてもいつまでたっても借入金が減少するのは難しい状態と言えるでしょう。

 

3 まとめ

 

どちらの例にも共通して言える事は、借入金がなかなか減らない状況だということです。こんな状況の場合、債務整理のタイミングとしては良い時期であると言えそうです。

出張費を負担してくれる事務所も

出張対応してくれる弁護士事務所もあります

法律事務所の中には、借金の相談の為に出張してくれる所もあります。出張というのは、もちろん相談者の所に対してです。

例えば栃木地域にお住まいの方がいらっしゃるとしましょう。そして法律事務所が東京都にあるとします。そのような方の場合は、ちょっと東京に行くのが難しいこともあります。距離が離れていますので、交通費なども多くなります。
そのような方の場合は、上記の出張はとても便利ですね。東京の事務所から、わざわざ栃木エリアまで出張してくれる所も中にはあるのです。
ところで、その出張は事務所選びにも大きく関わってきます。なぜなら事務所の方が出張するとなると、たまに料金がかかってしまう事があるからです。
例えばある事務所では出張をしてくれるのですが、その費用は相談者が支払う事になります。事務所の方が負担をしてくれる訳ではないのですね。
その逆に、中には全額負担してくれる事務所もあります。どちらの方が良いかと言われれば、やはり事務所負担の方でしょう。
何せ借金の相談をするとなると、やはりお金に困っている事が多いかと思いますね。そのような方にとっては、やはり事務所が費用を負担してくれるのは嬉しい事です。もしも費用を節約したいと考えているのであれば、出張費用を負担してくれる所を選ぶと良いでしょう。

任意整理にはどれくらい時間がかかるのか

裁判所を通さないとはいえ、任意整理もそれなりに時間がかかります。任意整理の終了までにかかる時間を一番左右するのはやはり貸金業者との交渉です。また、それ以外の手続きにも多少の時間は必要になります。

 

受任通知の送付

 

弁護士に正式に依頼をすると受任通知が送付され、取り立てが止まります。この受任通知の送付には時間はほとんどかからず、最短では依頼した当日に取り立てがストップすることもあります。このあと、貸金業者に取引履歴を開示を請求して、交渉をするための準備を行います。

 

取引履歴の開示

 

貸金業者から取引履歴を取り寄せるには通常で一ヶ月から二ヶ月必要です。中には古い記録はないと取引履歴の開示を拒否する業者もあります。そういった場合でも粘り強く開示を求めることになるので、ここで時間がさらにかかってしまう可能性があります。

 

和解の交渉

 

交渉の材料が揃ったら、いざ交渉開始となります。この期間は相手の業者の姿勢、そして交渉しなければならない業者の数によって大幅に変わってきます。最短で2ヶ月ほどですが、難航すると半年かかってしまう場合もあります。このあたりは依頼する弁護士の腕と提示された和解案に依頼人が同意するかどうかにもよります。和解が成立すればそこで任意整理は終了。あとは和解案に沿った返済をするだけです。

 

弁護士が発送する受任通知ってなに?

弁護士へ債務整理を依頼し契約が成立すると、弁護士は受任通知というものを発送します。宛先は債権者、つまりお金を借りている先です。この受任通知の発送は弁護士へ債務整理を依頼する上でのメリットのひとつです。

 

弁護士が発送する受任通知とは

 

弁護士が債権者に送る受任通知には強力な効果があります。それは受任通知を送ることで返済がいったんストップし、債権者の側も一切の取り立てや催促ができなくなるというものです。万が一、催促の連絡があったとしても「弁護士にお任せしています」といって断ることができるようになります。借金の催促に困っている方にとって、弁護士の発送する受任通知はおおいに役立ちます。

 

受任通知で取り立てが一切ストップする理由

 

受任通知が発送されると取り立てがストップするのは、貸金業法にそのようなルールがあるからです。弁護士に債務整理を依頼しながら返済を続けると、残高が返済のたびに変化し続け交渉自体がとても複雑になります。そこで受任通知を受け取った貸金業者はいったん取り立てをストップし、借金の残高を確定させなければならないのです。貸金業者が債務者本人に接触するのが禁じられますので、連絡ミスなどにより取り立てや催促が来ても、当然の権利として拒否することができるのです。