外車のローンが返済できなくて債務整理をお願いした

あずさ法律事務所に外車のローン返済で相談しました

37歳の男性です。私は大きな借金がありました。その額は600万円でした。私は車のローンを抱えていました。外国産の車で、かなり高かったです。私は会社に勤務していました。東京都内でそれなりに、給料が高く、600万円の外国車を買っても、返しきれると甘く見ていました。しかし私は会社もリストラになってしまいました。世の中何が起こるかわかりません。自分の力で返しきることはほぼ無理です。

 

お金を返すあてがなくなり、どうしようか迷いました。金利ばかりが増えていようもありません。そこで利用しようと思ったのは法律事務所です。私が選んだのがあずさ法律事務所という法律事務所でした。司法書士の先生がわかりやすく話をしてくれました。任意整理という方法を使えば、借金が減らせます。と教えてくれました。

 

あずさ法律事務所の司法書士の先生にすべてを任せました。すると借金の8割が減額になりました。私の場合は残り100万円くらいまで借金の額が抑えられたのです。法律家の力はすごいと思いました。

 

今ではせっかく買った外国車を手放すことなくお金を返しきることができました。法律の力は強いです。何事も一人で悩んでいては解決しません。あずさ法律事務所で債務整理をお願いしましょう。悩みから解放されること間違いありません。

過払い報酬のパーセンテージが低め

司法書士に過払いの手続きを行ってもらった時は、費用はかかります。その料金は、いわゆるパーセンテージ制になっている事が多いです。
その手続きの目的は、金融会社に払い過ぎた分を取り戻す事ですね。その戻ってきた金額に対するパーセンテージを乗じた金額が、報酬として発生する事になります。
例えば200万円が戻ってきた時に、パーセンテージが25になっていたとします。その際には、事務所に対して50万円を支払うことになるのです。ちなみにパーセンテージは、事務所によって色々異なります。
ところであずさ法律事務所でも、そのような報酬が発生する事になります。そしてこの事務所の場合は、パーセンテージは20と設定されている状況です。
ところでその数字は、妥当かどうかが気になる方もいらっしゃるでしょう。20という数字は、他の事務所に比べると比較的低めです。一般的に過払いになった時は、21%程度の報酬支払いが必要な事が多いですね。事務所によっては30%と設定されている事もあります。それに比べるとパーセンテージの数字が低めになっているのが、あずさ法律事務所の特徴と言えるでしょう。
そして過払いの手続きを行っている方は、やはりお金に困っている事も多いと思います。この事務所では報酬が比較的低めなので、メリットは大きい訳です。