リボルビング方式のキャッシング、ショッピングは完済しにくい返済方法です

女性に多いリボ払いからの借金地獄

テレビコマーシャルなどでは、リボルビング方式の返済方法がとても便利で良い方法。というイメージで広告が行われていますよね。

 

月々の返済が1万円でOK♪〜

 

中には最初からリボルビング方式での返済が想定されているクレジットカード(リボカード)などもあります。

 

でも、実はこのリボルビング方式での返済というのは、完済しにくい返済方式として、できれば使わない方が良いと言われているんです。

 

毎月一定の金額だけ返済すれば良いこのリボルビング方式ですが、デメリットとしては実際の借金の残高が分かり難いというものがあります。

 

その月にいくら借金をしたとしても、翌月以降の返済金額が同じということで、残高を気にするという習慣がなくなり、借金をすることに対して無頓着になることがあります。

 

毎月1万円や3万円の決まった金額だけ払っていればいくらでもショッピングが出来ると勘違いしてしまい、完済できない、または限度額一杯までショッピングをするという事が後を建ちません。

 

残高が減らないということは、それだけ利息も多く支払う必要があります。

 

リボルビング方式での返済は、手数料(という名の金利ですがほとんどのクレジット会社では18%)も高いケースがおおく、返済をしたつもりなのに、実際にはそのほとんどが手数料や利息だったというケースも多く、借入元金が待ったっく減っていないという場合もあるんです。

 

また、ご丁寧に全くリボ払いをしていないと、リボ払いをわざわざ電話で勧めてくる会社もあります。(私が使っているJACCSカードの話です。)

 

このリボルビング方式には大きな落とし穴があるということを、テレビなどではまったく紹介していません。

 

便利な方法だと安易に思い込み、利用しているという人の中には、債務超過に陥ってしまっているという人も多いんです。

 

実際にアメリカや日本などでは、このリボルビング方式の返済によって債務超過が増え、最終的に経済破たんを迎えた人が数多くいます。今のうちにリボルビング方式の返済方法はやめるということが重要です。

 

カード支払い自体が無駄使いの原因

そもそもカード支払いというもの自体が人間の金銭感覚を狂わせると言います。

 

人は現金で支払うよりも、カード支払いの方が多くお金を使ってしまうものなのです。

 

(カード支払いの方が、お客さんはお金を多く使うので、お店は手数料をカード会社に支払うことになってもカード支払いOKにしています。)

 

これはカードをお持ちの方ならお分かりになると思います。

 

現金払いだと財布からお金が無くなりますし、無くなれば銀行のATMでお金を引き出さないといけません。

 

いやでも自分のお金が今いくらあるのかというのがわかります。

 

しかしながらカード払いはその場で現金が減るわけではありませんし、また支払いが確定するまではその金額もイメージしにくいものです。

 

それゆえついついカード支払いで使い過ぎてしまうという事が起こるのです。

 

しかし、1回払いをしている限りは使った分は1回で返済するので、もし今月使い過ぎてしまったとしても来月の支払いさえすれば返済は終わりです。

 

しかし、リボ払いの場合は決まった額しか返済しませんので、ショッピングに使った金額を返済し終わることは稀で、どんどんショッピング残高が増えていくことになります。