借金している上に入院してしまった場合でも対応してくれる杉山事務所

杉山事務所は債務整理する時に入院していても大丈夫

債務整理の手続きを司法書士の事務所に依頼するとなると、基本的には訪問が必要になります。一度を司法書士の方と面談を行った上で、依頼をするかどうかを決める事になる訳ですね。

ところで司法書士法人杉山事務所でも、原則として面談が必要になります。後々のトラブルを防止する為に、必ず面談を行った上で手続きを進める方針になっているのだそうです。
ところが人によっては、ちょっとそれが難しいこともあるでしょう。例えば長期の入院を余儀なくされてしまっているような時ですね。さすが入院をしていると、その事務所に足を運ぶのは難しくなってしまうでしょう。
ところが上記の司法書士事務所の場合、そのような時でも対応してくれるのだそうです。その際には、まず入院者の本人確認を行います。その確認で問題ないと判断された時には、電話や郵送などの手段で依頼をする事もできるそうです。
それと上記は入院の事例ですが、遠方に住んでいる方でも相談可能な場合があります。あまりにも遠くて依頼ができない方でも、やはり本人確認が完了すれば依頼を引き受けてくれる事もあります。
そのようなシステムを採用している事務所は、比較的珍しいですね。それぞれの相談者の状況に合わせてくれる訳です。

司法書士法人杉山事務所で過払いの手続きを行った時の費用

借金を払い過ぎていた方々は、しばしば士業と呼ばれる職業の方々に相談をしています。というのも一時期の日本の金融業者は、手数料が少々高めになっていたのですね。それがかなり大きかったので、苦しんでいた方々も多かったのです。しかしそれは法的には高すぎたので、法的な手続きによって戻ってくる事が多いです。その戻ってくるお金は、過払金と表現される事も多いですね。
ところで杉山事務所という所では、その過払金に関する手続きを行ってくれます。そしてこの事務所でその手続きを行ってもらうとなると、費用はかかりますね。
この事務所の場合は、過払金の20%を報酬として支払う必要があります。ですので例えば金融会社に100万円ほど多く払っていたのであれば、20万円が戻ってくる訳ですね。150万円ならば、30万円になります。
そして過払いの手続きを行う時にこの事務所で発生する費用は、それだけです。基本報酬は無いのです。
他の事務所では、有るケースも多々見られます。事務所によって異なりますが、1社につき数万円ほどかかる事が多いです。しかし杉山事務所ではそれが無料になっている訳ですから、とてもリーズナブルな費用体系になっていると言えます。